jp.crestmuse.cmx.amusaj.sp
クラス SPStreamWriter

java.lang.Object
  上位を拡張 jp.crestmuse.cmx.amusaj.sp.SPModule
      上位を拡張 jp.crestmuse.cmx.amusaj.sp.SPStreamWriter
すべての実装されたインタフェース:
ProducerConsumerCompatible

public class SPStreamWriter
extends SPModule


コンストラクタの概要
SPStreamWriter(java.io.BufferedWriter writer)
           
SPStreamWriter(java.io.OutputStream out)
           
SPStreamWriter(java.io.Writer writer)
           
 
メソッドの概要
 void execute(java.lang.Object[] src, TimeSeriesCompatible[] dest)
          ここに処理内容を記述します.
 java.lang.Class[] getInputClasses()
          各入力チャンネルが受け付けるオブジェクトのクラスを配列で返します.
 java.lang.Class[] getOutputClasses()
          各出力チャンネルが出力するオブジェクトのクラスを配列で返します.
 
クラス jp.crestmuse.cmx.amusaj.sp.SPModule から継承されたメソッド
stop, stop, terminated
 
クラス java.lang.Object から継承されたメソッド
clone, equals, finalize, getClass, hashCode, notify, notifyAll, toString, wait, wait, wait
 

コンストラクタの詳細

SPStreamWriter

public SPStreamWriter(java.io.BufferedWriter writer)

SPStreamWriter

public SPStreamWriter(java.io.Writer writer)

SPStreamWriter

public SPStreamWriter(java.io.OutputStream out)
メソッドの詳細

execute

public void execute(java.lang.Object[] src,
                    TimeSeriesCompatible[] dest)
インタフェース ProducerConsumerCompatible の記述:
ここに処理内容を記述します. 引数srcに全入力チャンネルに対するQueueReaderが 格納されているので, takeメソッドでそこから1つずつ要素を取り出します.

パラメータ:
src - 全入力チャンネルに対するQueueReaderオブジェクト
dest - 全出力チャンネル

getInputClasses

public java.lang.Class[] getInputClasses()
インタフェース ProducerConsumerCompatible の記述:
各入力チャンネルが受け付けるオブジェクトのクラスを配列で返します.


getOutputClasses

public java.lang.Class[] getOutputClasses()
インタフェース ProducerConsumerCompatible の記述:
各出力チャンネルが出力するオブジェクトのクラスを配列で返します.